住宅ローンの審査で受かるには

金融機関は融資先が住宅ローンが払えない状態になることを最も恐れています。もし取り立てを行っても最悪、自己破産をされてしまうと回収できなくなるからです。そのためかなり厳しく事前審査されます。
そこで住宅ローンの申し込みをする際、受かるために気を付けたいポイントをいくつかまとめていきたいと思います。
敵を知れば百戦危うからずといいます。まずは審査にどのような項目があるのかを知り、それらに対して自分のスコアがどのように反映するのかをシミュレーションしてみましょう。

住宅ローンの審査項目を優先度の高いものは、ローン完済時の年齢、ローン借り入れ時の年齢、返済負担率、勤続年数、ローン申し込み者の年収、担保評価額、健康状態、連帯保証、返済履歴などです。これらはどれも重要視される項目ですので、申し込む際にはくれぐれもご注意を。これからローンの申し込みをする方は念のため、自分のスコアがどのように反映されるのか確認しておくのもよいかと思います。

特に大きな支払い事故を起こしたことはなくても、他者からの借り入れが複数ある、携帯の料金支払いを滞納したなども、申し込む会社によってはNG項目となることがあります。貸付履歴はもちろん審査に響きますが、特に利用していない消費者ローンのカードを持っているだけで、審査に影響がある場合もあります。何も思い当たる節はないのに住宅ローンの審査に落ちてしまうという方は、信用情報機関でご自身の情報をきちんと確認しておいた方がよいかもしれません。
もし、自身で住宅ローンの審査に通る自信がない方は仲介手数料無料の不動産業者が代わりにやってくれるケースもあるので一度相談してみましょう。

住宅ローンの審査に通る為貯蓄はしておくべき

住宅ローンは、一戸建てや分譲マンションを購入する上で一括した資金を借りるために金融機関に対して組まれるローンのことです。もちろん金融機関においては住宅ローンの申込者に対してローンを組むことが適切か否かの審査を行うのが普通です。

その事前審査の通過には、過去に金融事故があったかどうか、年収や職業、その他担保すべきモノがあるかどうかといった要素が鍵を握ることとなります。それ以外の要素として、住宅を購入するための預貯金がどのくらい用意できるのかといった点も鍵を握ることとなります。

この預貯金がどのくらいあるかについては、一般的には組もうとするローンの額の10分の1以上が目安となり、預貯金が多ければ多いほど審査に通りやすくなる傾向があるのは言うまでもありません。もし預貯金が少ないという場合は、身の回りの趣向品を減らしましょう。例えば、使わなくなったエルメスを買取に出して資金をねん出しましょう。特にブランド品は一度所持するとクセになり次から次へと欲しくなるのでお金がいくらあっても足りません。早めに手放すことをおすすめします。

また、金融機関の与信判断には、毎月貯蓄をし続けた事実を重く見る傾向があります。それは計画的に貯蓄を行っている事実から誠実なお金に関しての考え方をしているという人柄までも判断されるからです。また当然、預貯金があると住宅ローンとして借りるべき金額が圧縮されると金融機関の貸し倒れのリスクも少なくなるため、それだけ審査に通り借り易くなるのは言うまでもありません。

三井住友VISA

三井住友VISA

クレジットカードを持つことは、住宅ローンの審査において特に問題はありません。ただし、むやみにたくさん持っていたり、滞納していたりすると非常に悪影響で、審査に通らないことがあります。

住宅ローンシミュレーション

住宅ローンシミュレーション

自分の家が欲しい、そう思った時に、まずこのサイトで支払いのシミュレーションをしてみましょう。今の状況で金銭的に住宅購入が可能かの目安になります。

タマホーム

タマホーム

注文住宅でもおなじみのタマホームです。戸建てや不動産分譲、マンション、さらにはリフォームもサポート。全国に展示場を完備しており、気軽に見学に行くことができます。